肩外旋制限がある場合・・・。
スポンサーリンク

肩関節の外旋制限がある場合には、烏口上腕靭帯や肩甲下筋の影響を考えます。

前上方関節包による影響もあるのかもしれませんが、この点については最終的な段階と考えてもいいと思います。

まずは、CHLやSSCが疑われやすいです。

 

で、この時に外旋だけの評価ではなくて、他の動きでも評価しなければいけません。

その動きは『伸展』です。

その理由を知っているか、いないかで今後の展開が大きく変わります!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事