軸索反射などの神経性炎症に関わる反射
スポンサーリンク

炎症が広がるって?広がるとどうなる? という記事でも紹介しました神経性炎症は、軸索反射による影響によって起こることを説明しました。

今回はその軸索反射についてもう少し詳しく説明するとともに、軸索反射の発生を説明するにあたって、他にも知っておきたいことを説明していきます。

軸索反射が発生するには?

軸索反射の発生を説明するには、①求心性伝導の発生、②逆行性伝導の発生、③神経ペプチドの放出ということも合わせて説明すると非常に理解しやすいと思います。

①求心性伝導の発生

軸索反射は痛み刺激などの刺激が加わることで侵害受容器から求心性インパルスが発生し、侵害受容線維によって脊髄まで伝わっていきます。このことは求心性伝導と呼ばれています。

脊髄内終末にインパルスが伝わると、活動電位が発生して、逆行性に末梢終末へと興奮が伝導していきます。

このことは後根反射と呼ばれるものです。

②逆行性伝導の発生

侵害受容線維の軸索は複数の枝に分かれていて、求心性インパルスがその分岐部に到達すると、インパルスが分岐部へも伝わっていくということが起こります。

そして、末梢まで来たインパルスは最終的に侵害受容器まで達するのです。

このことが逆行性伝導です。

そして、別の枝から末端部の侵害受容器(ポリモーダル受容器)にインパルスが到達してしまいます。

ポリモーダル受容器から神経ペプチドを放出

①と②で説明した内容はペインリハビリテーションに記載されている図を見ると非常にわかりやすいです。

 

%e8%bb%b8%e7%b4%a2%e5%8f%8d%e5%b0%84

引用:ペインリハビリテーション

ペインリハビリテーション [ 松原貴子 ]

軸索反射や後根反射によって、逆行性に伝導されてくることで、別の侵害受容器に興奮が伝わり、末端終末部からSPやCGRPといった神経ペプチドが放出されるのです。

この先どのような作用が起こってくるかは、こちらの記事をみてください。

炎症が広がるって?広がるとどうなる?

まとめ

軸索反射は、侵害受容器によって起こったインパルスが、侵害受容線維によって脊髄に伝導されていく過程で、分岐している部位にインパルスが伝わることで、逆行性に伝導が生まれ、そのインパルスは神経終末の侵害受容器を興奮させるというもの。

また、後根反射によってもインパルスが神経終末に伝わり、これらのことにより神経ペプチドが放出され、周辺の痛みや腫脹などの炎症性症状が起こリます。

これらの反応を理学療法に生かすこともでき、その技術を身につけることでより幅広い症状に対応することができるでしょう。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事