肩甲骨の解剖学と触診技術を解説!
スポンサーリンク
今回のテーマは肩甲骨についてです。
理学療法士に限らず一般の方達にも馴染みのある骨になっていますよね。今更肩甲骨のことを勉強しなくても、分かりきっているよ!なんて思っているかもしれませんが、意外と忘れていることや知らなかったことってあると思いますよ。
今回はそんな点も含めて肩甲骨の解剖学と触診の方法を解説していきます。

肩甲骨とは!?

肩甲骨は胸郭後方に位置する三角形の骨です。三角形なので3つの角があって、それぞれを下角、上角、外側角と呼んでいます。これらの角は触診の際の目安や評価や治療場面でのランドマークとして、非常に便利なところなので必ず覚えておかなくてはならないポイントです。特に下角では肩甲骨の上方回旋・下方回旋を知るために便利な存在です。
また、肩甲骨は3つの縁によって区別されていて、それぞれ内側縁、外側縁、上縁があります。内側縁は下角から上角に向かう脊柱側の縁、外側縁は下角から烏口突起に向かう縁、そして上縁は上角から烏口突起に向かう淵のことを言います。
これらの他にも肩甲骨には覚えておきたい特徴が多くありますので、それぞれのポイントをみていきましょう。
スポンサーリンク

肩甲骨の詳細を知ろう!

肩甲骨には非常に多くのランドマークになるところがあります。それぞれには筋肉が付着していて、筋肉の触診でも度々登場するものばかりです。しっかりとランドマークの特徴を覚えて、イメージできるようにすると、評価や治療の向上につながります。

   

肩甲棘

肩甲骨後面の横に伸びる突出した部分

棘上窩

肩甲棘の上方に位置するスペース。棘上筋が位置するスペースで、その外側は肩峰の下とでトンネル状になっています。また、棘上窩の外側には肩甲切痕というくぼみがあって、神経の通る部位として覚えておくことが重要です。

棘下窩

肩甲棘の下方に位置するスペースです。ここには棘下筋が起始しています。

肩甲下窩

肩甲骨前面のスペースです。ここには肩甲下筋が起始しています。
肩甲下窩は肩甲骨の中でも一番名称が占めるスペースが広く、ここに肩甲下筋は、棘下筋や小円筋を合わせた横断面積( ㎠ )よりも大きいことから、非常に重要な筋肉であることがわかります。

肩峰

肩甲棘の外側端で平坦で外側に張り出した部分です。関節窩の上方を覆っていることで、インピンジメント症候群が度々問題となることでも有名です。
ちなみに肩峰の下の空間を肩峰下腔といい棘上筋腱や肩峰下滑液包を収めています。肩関節の障害では色々起こりやすい部分ですね。
ここには三角筋中部線維や僧帽筋の一部が付着しています。

肩峰角

肩峰の後方にある角張った部分です。私としては非常に重要としている部位です。あとで関節上結節の考え方として紹介するので、是非とも参考にしてください。

烏口突起

関節窩の上縁付近にある大きく突出した部分で、その名前の由来には「カラスのクチバシの形」という意味からきている様です。
ここには上腕二頭筋短頭や烏口腕筋、小胸筋や烏口上腕靭帯などが付着しています。関節拘縮やアライメント異常を考えるときに重要にもなるので、しっかりチェックしておきたいですね。

関節上結節

関節窩の上縁に位置する部位です。ここには上腕二頭筋長頭腱が付着して、そのすぐ前方には上関節上腕靭帯が付着しています。

関節下結節

関節窩の下縁に位置する部位です。ここには上腕三頭筋長頭腱が付着しています。

関節窩

骨頭とともに肩甲上腕関節を形成する箇所です。洋ナシ様の形をしています。
スポンサーリンク

肩甲骨の簡単な触診法

では、実際にどの様にすることで肩甲骨の触診を簡単・正確に行うことができるのかを解説して行きます。
触診に対して苦手意識を持っている方も多くいますが、上記のことをしっかり把握して、これから紹介するポイントを踏まえて実践することで簡単に行うことができると思うので、是非挑戦してください。

肩甲棘の触診法

まず最初に紹介するのは肩甲棘の触診についてです。肩甲棘は肩甲骨の部位の中でも突出が大きく、範囲も広いため触りやすいですし、この部位から始めることで他の部位を触診するときに、スムーズに行うことができる様になるのでオススメです。あと触るのが比較的簡単というのもポイントですね。
そして肩甲棘のシルエットを感じよう!
まずは、肩甲棘がありそうだなというポイントに手のひらを置きます。その状態からゆっくりと圧迫力を強くして、円を描くようになでます。すると肩甲棘の出っ張りを感じることができるはずです。最初は大きく円を描くようになで、肩甲棘を感じたら徐々に範囲を狭めていって、肩甲棘のシルエットを特定します。

肩甲棘の上下縁を触診しよう!

手のひらで肩甲棘を感じて終わりではなく、しっかりと全体のシルエットを感じきる・触りきることが大切なので、ここから上縁と下縁まで触って行きます。
まずは上縁を触っていきます。肩甲骨の上方から3本指または両指3本ずつの指先を横一直線に並べ、先ほど確認した肩甲棘の上縁がありそうなところより少し上方から、触ります。弱く圧迫を加えながら下方に向かって触って行きます。触り方として、圧迫力を保ちながらスライドさせるように触ってもいいですし、階段を下るように(波を打つように?)徐々に下がっていってもいいので、ゆっくりと下がっていきます。するとそれぞれの指にコツンと硬いものが当たってくるはずですが、それが肩甲棘の上縁になります。
ここまで触ることができたらあとは簡単です。指と肩甲棘をできるだけ直角に当てるようにして、内側・外側へと移動することで、直角に骨が当たる感じがなくなるところまで触ることで、肩甲棘上縁全体を触診することができるはずです。ちなみに、内側に向かって触り、肩甲棘がさわれなくなった所は肩甲骨三角(僧帽筋下部線維の起始部)や肩甲骨内側縁(小菱形筋の起始部)ということになります。
次に下縁の触診ですが、要領は上縁の触診の時と同じです。まず、下縁があるであろうエリアよりも少し下方を3本指または両指3本ずつの指先を横一直線に並べ、圧迫していきます。
そして、スライドするか、波を打つように徐々に上方へと触り進めていき、骨に当たればそれが下縁です。そこから左右に動かすことで下縁全体を触診することができます。
ちなみに上縁から内側方へ指を進めると突起が少なくなるにつれて、突起が上方に方向を変えていき、逆に下縁では下方へと方向を変えていきます。上下を合わせてみると肩甲棘の内側は三角形の形になっていて、この部分を棘三角と呼びます。

肩峰角を触診しよう!

肩甲棘の上縁と下縁を触診しましたが、このことで肩峰角を触診できるようになります。下縁を触れるようになれば、肩峰角を簡単に触れるようになるので、どのように触るのか解説します。
まずは、下縁を先ほどの要領で触っていきます。下縁を確認できたら、そのまま外側方に指を進みていきます。すると、前方に向かって直角に近い角度で折れ曲がることが確認できるはずです。この折れ曲がりの部分が肩峰角です。
ここは、三角筋の中部線維と後部線維の境目となる部位ですので、それぞれを触り分けるためのランドマークにすることができます。治療中も非常に多様するランドマークですので、覚えておきましょう。

内側縁を触診しよう!

では次に内側縁の触診に進んでいきます。内側縁には大菱形筋や小菱形筋、前鋸筋が付着していて、その触診の時には触れないと話になりません。また、翼状肩甲であったり、下方回旋している?or上方回旋している?ということを確認する時にも有用です。
内側縁を触診するためには、まずおおよその場所を把握することがポイントです。肩甲棘から棘三角まで触れるようになったのであれば、棘三角以上内側に進んだ時の肩甲骨の終わりを探れば、簡単に内側縁を把握することができます。また、他にも簡単に探す方法があります。それは結帯動作を行ってもらうことです。
肩甲骨の内側縁を探る場合に、肩関節の伸展・内転・内旋を他動的に行うことで、内側縁が胸郭から浮かび上がらせることができます。しっかりと浮かび上がらせるためのポイントとしては、伸展と内転を意識して他動的に動かすことです。
この動作によって大体の位置を確認したら、ここに内側縁があるであろうという手前から内側園に対して直角に指を配置して、徐々に内側縁に向って指を進めていきます。注意しなければいけない点は、この部位には案外と脂肪が多くありますし、筋肉も付着しているので、ゆっくりとそういった組織を潰しながら骨の硬さを感じるようにして、内側縁の触診を行なっていくことです。

上角を触診しよう!

内側縁を触れるようになったら、次は上角を触ってみましょう。この上角は比較的触れるのが難しく、触り慣れていない人では、見つからないということも多々あります。その原因が、上角の大まかな位置を見つけられないということにあります。
意外と知らない人が多いのですが、肩甲骨の内側縁は上下に一直線に伸びているのではなく、棘三角から上方では前方に折れ曲がるように走行しています。
そのため、上角を触るためには、思っているよりも前方に上角があるという事実を知っていなければいけません。
そのことを考慮して考えると、まず上角の大体の位置を把握するためには、前方から指を当てなければいけません。指を上角付近にあてた状態で、肩甲骨の前傾や下方回旋を他動的に起こすことで、上角の突起が指に触れるはずです。
上角の大体の位置を把握したら、内側縁からその部位に向かって触っていきましょう。また、筋肉が僧帽筋や肩甲挙筋などがあり、触りにくい部位ですので、ゆっくりと押しつぶすように触っていくことがポイントです。上角を触診できるようになることで、肩甲挙筋の触診ができるようになることや、肩甲骨の上縁を触れるようになるので棘上筋を触る時に非常に有用になります。

下角を触診しよう!

では下角を触診していきますが、上角に比べると触りやすいかと思います。下角は単純に内側縁から下方に向けて探っていけば行きます。内側縁を下方におっていって、一直線上に骨の感覚がなくなったところが下角ということです。
しかし、肉付きのいい方やアライメント異常がある方など触りにく状態になっている方も多いです。そんな場合には、内側縁を探す時に使った伸展・内転で肩甲骨の内側縁を浮かせることで下角も浮き上がってくるので、触りやすくなります。この部位を触診することで、広背筋や大円筋の触診をするときや、肩甲骨の下方回旋・上方回旋の程度を評価する時に有用になるので、ぜひマスターしましょう。

外側縁を触診しよう!

外側縁を触診するためには、まず下角の位置を把握することが大切です。肩甲骨の伸展・内転を他動で行う事で浮き上がってきますので、簡単に見つけることができます。
下角を見つけたら肩甲骨の外側の縁を触ることができるはずですので、そこが外側縁です。外側縁に対して指を直角にあてて関節窩に向かって触れていきましょう。

烏口突起の触診をしよう!

烏口突起を触れるためには、鎖骨を目安にすると非常にわかりやすいです。まず鎖骨の全長(肩鎖関節〜胸鎖関節)を確認します。そうしたら鎖骨を3分割して、その外側1/3から1横指尾側に指を進めたところにあるのが、烏口突起です。
ですが、ここはまだ先端ではなく、烏口突起の中間ほどの上縁に位置する場所なので、上縁に沿って外側に指を進めていきます。するとクリクリとしている突起上の物を触れられると思います。ここは痛みが出やすいのであまり強く圧迫しないようにしましょう。また、別の方法として、もしも結節間溝が触れるのであれば、結節間溝の最上部から内側に進めたところに烏口突起の先端が位置するので、簡単に触ることができます。
烏口突起の触診ができるようになると、烏口腕筋や上腕二頭筋短頭、小胸筋、烏口上腕靭帯や烏口肩峰靭帯を触るためのポイントになりますので、是非とも触れるようにしたいですね。

関節上結節の位置を特定しよう!

ここまで触診ができるようになれば、関節上結節の位置を確認できるようになります。関節上結節は内部に位置しているので触ることができないのですが、位置の特定はある程度可能です。これができるようになれば、上腕二頭筋長頭腱や上関節上腕靭帯の走行を把握することができます。
特定の仕方は、烏口突起と肩峰角を使います。それぞれのポイントを確認して、それを線で結び、その線の中央のやや前方がおおよその関節上結節になります。

肩甲骨につく筋肉たち

それでは最後に肩甲骨につく筋肉を載せておきます。今回肩甲骨の触診をできる限り丁寧に説明しました。順序立てて触っていくことで案外簡単に触診できるのではないかなと思います。
ですが、これで終わりではありません。ここから肩甲骨をランドマークに靭帯や筋肉の触診をしていく必要があります。
そのためにも、この画像で筋肉の付着を頭の中を整理しておきましょう!
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事